≪ 1分で簡単登録 ≫イストワークスへ登録

紹介予定派遣での働き方

紹介予定派遣の最大のメリットは、「自分に合った企業で働きたい」人、また「いい人材を採用したい」企業にとって、事前に両者が互いを見極められる点にあります。入社前に、実際の仕事内容や企業の環境、雰囲気を体験できるため、入社後に「待遇・条件が違っていた」「自分に合わない」「スキルが活かせない」というギャップを少なくすることができます。企業は面接だけでは判定しにくい個人の人柄や普段の勤務態度を見ることができるため、採用のミスマッチを減らし、安定した雇用を築くことができます。

目次

紹介予定派遣の特徴

紹介予定派遣とは、派遣期間の後に派遣先の企業と直接雇用される事を前提にした派遣のことです。
これは派遣期間の一定期間を試用期間と考え、企業は派遣期間終了後に派遣社員を直接雇用するかどうかを判断します。
派遣期間は最大で6ヵ月、平均では3ヵ月程度に設定されていることがほとんどです。

もちろん試用期間と同等ですので、派遣期間時に企業側から直接雇用を断ることもありますし、逆に派遣社員の方がこの企業とは合わないと感じれば、その誘いを断ることもできます。

もちろん試用期間と同等ですので、派遣期間時に企業側から直接雇用を断ることもありますし、逆に派遣社員の方がこの企業とは合わないと感じれば、その誘いを断ることもできます。

紹介予定派遣と派遣の違い

紹介予定派遣と派遣の最も大きな違いは、派遣期間後に正社員契約社員として働くことを前提としているかどうかという、立場の違いです。
通常の派遣が所属している派遣元からの人材として企業で業務を行うのに対し、紹介予定派遣では派遣期間は正社員登用や直接雇用のための試用期間として企業で業務を行います。

紹介予定派遣のメリット

  • 試用期間中に職場の雰囲気を体感できる
  • 試用期間中の時給が通常派遣よりも高め
  • 直接雇用を断っても、次の仕事が見つかりやすい
  • 派遣会社のサポートが受けられる

紹介予定派遣のデメリット

  • 正社員登用とは限らない
  • 直接雇用されない場合がある
  • 給与が下がるケースがある
  • 直接雇用時に契約条件が変わる可能性がある
目次
閉じる