≪ 1分で簡単登録 ≫イストワークスへ登録

派遣の働き方

派遣とは、派遣会社(派遣元)と雇用契約を結んで、実際に働く企業(派遣先)で就業する働き方です。
雇用主は、雇用契約を結ぶ派遣会社になるため、給与の支払い、福利厚生などは派遣会社が行います。

派遣会社に登録する必要がありますが、就業先の紹介や就業中のサポート、交渉なども派遣会社がフォローやサポートをしてくれます。実際の仕事に関する業務指示は、派遣先の企業から受けます。

  • ただし、派遣会社と派遣スタッフとの雇用関係が成立するのは、派遣先が決まってからとなります。登録が完了しただけでは、雇用関係は成立しません。
目次

派遣社員の特徴

派遣社員といってもその種類によって多少、働き方や目的などが異なります。以下種類や雇用契約、就職先をご説明します。

派遣会社との雇用契約は、「登録型派遣」と「常用型派遣」に大きく分かれます。

「常用型派遣」

「常用型派遣」とは、派遣会社で正社員として常時雇用されている雇用形態のことを指します。

そのため、派遣先での契約期間が終了しても、派遣会社との雇用契約は終了しません。新しい派遣先が見つかるまでの間も給与の支給はあります。

専門的な知識や技術を持っている、研究職や技術者などが「常用型派遣」として活躍しています。

「登録型派遣」

「登録型派遣」は、派遣先企業が決まった時点で派遣会社と雇用契約が結ばれます。雇用契約には、給与や業務内容、派遣期間などが定められ、契約に基づいて派遣先の企業で働くことになります。派遣期間が終了すると派遣会社との雇用契約も終了します。

正社員と派遣社員の違い

正社員と派遣社員の大きな違いは、雇用主と雇用形態です。正社員は期間の定めのない無期雇用であるという点が、契約社員・派遣社員と大きく違う点です。契約社員・派遣社員は、雇用期間に定めのある有期雇用です。また、正社員は就業先の企業が雇用主です。派遣社員は派遣会社が雇用主となります。

派遣社員は労働派遣法改正法によって契約期間に限りがあります。例外を除き、どのような業務でも同じ職場で3年以上働くことはできません。

非正規雇用である契約社員・派遣社員は、企業の業績によって契約更新されないリスクがある反面、短期間で自分のキャリアを見直したり、より良い仕事先が見つかった場合にすぐ転職できるというメリットもあります。

派遣で働くメリット

  • 複数の企業に簡単に応募できて仕事を見つけやすい
  • 社会保険に加入できる、有給休暇も付与(条件アリ)
  • 自分のライフスタイルに合った仕事ができる
  • 得意な分野を活かせる・さまざまな職場を経験できてスキルアップ
  • 未経験からでもチャレンジしやすい、憧れの業界や企業で働くチャンスも
  • フォローやサポートを派遣会社がしてくれる

派遣で働くデメリット

  • 派遣先企業の同一組織で仕事ができるのは最長3年まで
  • 昇給やボーナスがあまり期待できない
  • 責任のある仕事を任せてもらえないことがある
  • 正社員に比べると賃金や福利厚生は待遇が低い場合もある(注1)

派遣は賞与の有無や特別休暇など、正社員と比べると賞与や福利厚生の待遇が低い場合があります。

とはいえ、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の不合理な格差の解消を目指すため、公正な待遇の確保実現に向けて国が動き出しています。いわゆる同一労働同一賃金の導入が2020年4月に施行、国ではどのような雇用形態を選択しても納得できるような待遇を受けられるような働き方を目指しています。(注1)

(注1)引用元:「同一労働同一賃金特集ページ」厚生労働省HPより

目次
閉じる