≪ 1分で簡単登録 ≫イストワークスへ登録

一般派遣と同様に覚えて欲しい、SESについて

SESというものを、ご存知でしょうか?

近年、エンジニアを確保するためにIT企業が活用することの多い契約方法ですが、これは派遣契約に似ている点があります。

しかし、具体的に一般派遣とはどう違っているのでしょうか?

その違いについて知らないままだと、派遣とSESのどちらの契約がいいのかわからず、後から後悔してしまうかもしれません。

SESについて、詳しく解説します。

目次

SESはなんのこと?

SESというのは、どのようなものなのでしょうか?エンジニアにとっては、派遣契約と並んで重要なものとなるSESについて、具体的に解説します。

SESの特徴

SESというのは、正しくはSES契約のことをいいます。SES契約は、「システムエンジニアリング契約」の略称です。ただし、SES契約は明確な基準があるものではなく、クライアント企業に対して、IT技術を持った人材の能力を提供するような契約は、おおむねSES契約と呼べます。解釈に関してはある程度幅があるので、この条件に当てはまる場合はSES契約として考えてもいいでしょう。

この契約では、提供される能力を持った人材がどこで働くかは、そのケースによって異なります。依頼をしたクライアント事業部で働くこともあれば、依頼を受けて納品すれば働く場所は自由というケースもあります。

具体的な内容としては、システムエンジニアがシステム開発などの業務を行うにあたって、その業務の遂行のために能力を提供するという、業務委託契約の一種です。委任契約や、準委任契約に該当します。

この契約は、労働法規においては業務請負の一種とされています。そのため、この契約にあたっての指揮命令系統、および労務管理などは、発注元となる企業からは独立していなくてはいけません。要するに、遂行するべき業務自体は指示されるものの、そのやり方や勤怠、作業場所などに関しては契約に反しない限り指示されるものではない、ということです。また、担当した業務が完成するかどうかは、契約内容に含まれません。SES契約の場合、その労働に従事した時間に対して報酬が支払われるのです。

SESのメリット

企業がSES契約をするメリットとしては、まずその時に必要な能力やスキルを持つ人材を集められる、という点があります。例えば、過去に扱ったことがない大規模なシステムの発注を受けたケースが考えられます。現在の人員ではどうしてもこなすことのできない作業量となってしまいますが、安易に人材を増やすわけにはいきません。今後、同規模の仕事があるとは限らず、もしなかった場合は人が余ってしまうからです。また、今から新人を採用したとしても、即戦力になるとは限りません。今から教育をしていては、納期に間に合わないでしょう。そういったときにSES契約を利用すると、必要なスキルを持った即戦力を、決まった期間だけ登用することができます。もし、今後また同じような規模の仕事が来るようならまたSES契約をすればよく、定期的に発注を受けるようならSES契約をしつつ、並行して新人を採用し育てていけばいいのです。

また、エンジニアにとってはSES契約で働くことで、様々な経験を積むことができるというメリットがあります。IT業界では、それぞれの会社で得意とする作業があり、その会社では常に似た仕事をすることも多いのです。エンジニアの中には、同じ作業を続けるのではなくより多くの経験を積みたいという理由で何度も転職をする人もいます。しかし、それにはいちいち転職先を探したり、退職してまた就業したりと、多くの手間がかかるでしょう。頻繁に繰り返すようなら、かなり面倒と感じることもあります。また、採用する企業としても、あまりに転職が多いと自社でもそれほど長く働かないだろうと思い、採用を見送られるケースが増えてくるでしょう。

しかし、SES契約なら元々同じ職場ではそれほど長く働き続けることはありません。基本的には一つの仕事が終わればその契約は完了し、また別の仕事をすることになります。仕事は持っているスキルに合わせて紹介されるのですが、即戦力となれるスキルを多数持っていれば多くの職場で働くことができるでしょう。いちいち転職する必要もないので、職場を変える際も手間はかかりません。

また、SES契約では残業時間も調整するのが簡単です。SES契約は勤務時間、つまり労働に従事した時間に合わせて作業するので、作業が間に合わず徹夜するということはまず起こりません。残業をしてしまうと、その分余計なコストが発生することになるからです。クライアント側も、コストは少ない方がいいので残業して欲しいとはまず思わないでしょう。

SESのデメリット

では、SESのデメリットにはどういったものがあるでしょうか?派遣元となるベンダーと、派遣先のクライアント、そして実際に働くエンジニアそれぞれにデメリットがあります。それぞれ、解説していきます。

まず、派遣元となるベンダーのデメリットとしては、クライアントの理解を得辛いという点です。特に、指揮命令権がないという点に関して、理解を得るのが難しいのです。というのも、SES契約はかつて派遣の形態としてあって今は廃止されている、特定派遣に近いものがあります。そして、特定派遣の場合はクライアントに指揮命令権がありました。そのせいで、SESにおいても指揮命令権があると考えてしまうクライアントが多いのです。結果、SES契約で働くエンジニアに対して、直接指示をしてしまうクライアントは少なからずいるのです。そして、エンジニアもその職場で働いていると、断るのが難しいこともあるでしょう。ただし、それを是としてしまうとSES契約ではなく、かつての特定派遣と同様の働かせ方をしている偽装請負の形態となってしまうため、認めるわけにはいきません。そうならないように、ベンダーは契約の前にクライアントへその違いが明確になり勘違いしないように、しっかりと説明をして同意してもらわなくてはいけないのです。

クライアントのデメリットとしては、契約において必ずしも成果を約束されるものではない、ということです。SESでは、労働に従事する時間に対して報酬が支払われます。いわば時給制なのですが、それはたとえ予定していた作業が終わらなくても支払う必要があります。契約内容は、例えばこのプロジェクトに3カ月間、1日8時間従事する、といった物であり、3カ月で担当箇所を完成させるというものでも、プロジェクトの完成まで働くというものでもありません。それで予定通り進まなかったとしても、それはクライアントの作業量の見立てが甘かった、ということになるでしょう。ただし、成果が上がらなければ次に仕事を依頼してもらえる可能性は低くなってしまいます。そのため、エンジニアもなんとか期限までに完成させようとはするでしょう。

エンジニアにとってのデメリットは、帰属意識が希薄になりモチベーションも上がりにくいという点です。エンジニアにとっては、たとえその会社の命運をかけた一大プロジェクトだとしても関係ありません。あくまでも、依頼された範囲の仕事を進めていくだけです。そのため、周囲の他のエンジニアとは熱量が異なることもあり得ます。また、SESのベンダーに所属はしていますが、実際の仕事はクライアントの企業に出向いて行うことばかりなので、ベンダーへの帰属意識も薄いでしょう。そのせいで、仕事に対するモチベーションが低くなることもあり得ます。また、実際にクライアントの企業で作業をしていても、周囲にいるのがその企業に所属する人ばかりなので、その人たちとも仲間意識を持たずに仕事をするケースも珍しくはありません。その結果、仕事に対してやる気を失ってしまうこともあり得ます。

こういったデメリットがあるので、SESでは十分に注意しなくてはいけません。

SESの詳細

では、SESというのは具体的にどのような契約なのか、解説します。

まず、先程も少し説明しましたが、SESの契約形態はそのほとんどが業務委託契約です。その中で、準委任契約に分類されます。これは、成果物が完成したかどうかに関わらず、それの遂行に従事したということに対して報酬が支払われる、というものです。そのため、一定期間しっかりと仕事に取り組んでさえいれば、たとえ成果物が間に合わなかったとしても報酬は支払われます。

成果物の完成を目的としていないため、その報酬は成果物に関係なく定められます。基本的な報酬の決め方は、技術の希少性とその業務を遂行するために必要な時間、そして業務レベルに応じて決まります。

また、SESでは成果物に対してその責任を負うことはありません。注意義務があるのでそれに従っていれば、その結果に関しては何ら責任を問われないのです。それでも成果物に関する修正や業務のやり直しを求められた場合は、別途その作業に対する報酬を請求できます。例えば、クライアント型のシステムエンジニアから仕様書を受け取り、仕事をしていたとします。それが完成してから、仕様書にミスがあったとして、作り直しを要求されてもそれに応じる責任はありません。それでも作り直すように言われた場合は、別途その分の報酬を請求できるのです。

SESと派遣の違い

SESと派遣は、非常に似ている雇用形態です。しかし、両者には明確な違いがあります。具体的に、どのような違いがあるのでしょうか?

まず、SESというのはクライアントに対して、ベンダーに所属するエンジニアの能力を提供するという形態です。それに対して、派遣というのは派遣会社に登録しているエンジニアの中で、必要なスキルを備えているエンジニアを派遣先企業に派遣するというものです。能力を提供するか、人員そのものを派遣するかという点が大きな違いとなっています。

そして、契約形態に関しても異なります。SESの場合は、準委任契約というものであって特定の行為を委任するという契約です。つまり、依頼した作業に従事するという契約を結んでいるのです。それに対して派遣契約は、その人員を一時的に派遣先企業の社員とするというものです。

上記の契約の違いは、指揮命令権にも違いを及ぼします。SES契約では、クライアントが直接エンジニアに命令することは認められていません。エンジニアへの指揮命令権は、あくまでもその雇用主であるベンダーにあるのです。もし直接命令してしまうと、偽装請負と判断されて罰則を受けることもあります。しかし、派遣の場合はクライアントの指揮下に入ることとなり、指揮命令権もクライアントにあります。その指示に従って、業務を勧めることになります。

SESの問題点

SES契約で働く際に、問題とされる点がいくつかあります。そのせいで、SESはグレーだと言われてしまうのですが、具体的にはどのような問題点があるのでしょうか?

ここまでにも何度か出てきましたが、SES契約には偽装請負となる危険性が含まれています。そして、その危険性を利用して実際に偽装請負をするケースもあるのです。SES契約が偽装請負になる条件は、指揮命令権をクライアントに与えるかどうかという点だけです。本来は、雇用主であるベンダーに指揮命令権があるのですが、それを無視して現場での指揮を受けてしまうと、偽装請負となってしまうのです。本来は、何か命令に変更がある場合はまずクライアントからベンダーにそのことを相談し、ベンダーからエンジニアに指揮をしなくてはいけません。ところが、現場でマネージャーなどが直接指揮をして、労働時間の変更や契約に含まれていない業務をさせようとすることはよくあるのです。

特に偽装請負となりやすいのが、クライアント企業へと一人常駐しているケースです。それが工場かしていると、自社の管理者が不在であるためクライアントと直接やり取りをする機会が増えるでしょう。そうなってしまうと、実質的にはクライアントと直接指揮を受けるのと変わらなくなってしまうのです。

エンジニアが、ベンダー内でも一定の権限を持ち役職についている、管理者と作業者を兼任する立場であれば問題はありません。しかし、それ以外の場合は作業者と権利者が2人以上チームとなって働いていることが望ましいでしょう。しかし、実際にそうやって働くには人手が足りないことも多いので、どうしても1人での常駐が常態化してしまうのです。その結果、直接指示を受けざるを得なくなり、実質的に偽装請負となってしまうのです。

但し、それを防ごうにも派遣契約の不便さや人材不足によって、一人常駐は防ぎにくいことがあります。

このような理由から、SESというのはグレーとされてしまうのです。

SESと特定派遣の違いについて

SESと特定派遣には、様々な共通点があります。どちらも、派遣元やSES事業主である企業の正社員となり、その状態で他の企業の仕事をするのです。その際は、クライアントとなる企業の職場で働くことが多いでしょう。そして、クライアントからは派遣元の企業へと報酬が支払われ、そこから労働者へと給料が支払われます。

また、働く期限がないという点も共通しています。特定派遣もSESも、契約期間に関する定めはありません。契約上、期限が決まっていることはありますが、一般派遣の様に同じ企業へは最大3年まで、といった上限がないのです。そのため、特定派遣もSESも、実質的にはいつまででも働き続けることができます。

共通点が多い2つですが、一つ大きな違いがあります。それは、指揮命令権の違いです。先ほども言ったように、特定派遣を含む派遣の場合はクライアント側に指揮命令権があります。しかし、SESの場合はそうではなく、派遣元のSES事業主に指揮命令権があるのです。これは、SESが派遣契約ではなく、準委任契約だからです。

実は、特定派遣が廃止になる際は、特定派遣から業務委託契約に切り替えようという動きがよく見られました。しかし、そう変更した場合の問題点が、指揮命令権がどこにあるのかという点です。これまで指揮命令権があった特定派遣から、指揮命令権がない業務委託契約に切り替えた場合、業務を滞りなく進めるのが難しかったのです。適切に運用するには、社内規則なども変更する必要があります。それには多大なコストがかかるので、業務委託契約への切り替えは形式上ならともかく、実質的に行いたくないという企業ばかりだったのです。

その結果、横行したのが偽装請負です。指揮命令権がないにもかかわらず、クライアントからエンジニアへと直接命令をするケースが非常に多かったのです。そうなると、罰則が生じることもあるため、周知徹底をして徐々に減らしていきました。そして、改めて注目されたのがSES契約です。この場合、指揮命令権こそないものの一般派遣や人員を採用するよりははるかに運用しやすかったので、エンジニアの中でも特に能力が高く、多くの企業で必要とされる人員はSES契約で働くようになったのです。

まとめ

一般派遣として働こうと考えているエンジニアの方は、SES契約についても知っておいた方がいいでしょう。

条件次第ではありますが、派遣よりも好条件で働ける事が少なくありません。

また、派遣よりも自分で仕事にかける時間の調整もしやすいので、働きやすくなるでしょう。

しかし、そのためにはまず、派遣とSESとの違いについて詳しく知っておきましょう。

その上で、どちらがいいかを判断するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!