≪ 1分で簡単登録 ≫イストワークスへ登録

【初めての派遣社員】不安や疑問にお答えします

今の時代、正社員は多数派の働き方とは言い難いものになりました。

人によっては、アルバイトや契約社員の働き方でも、十分に満足した生活が送れるのです。

その中でも、派遣社員を選択した場合はどのようにして仕事を探していくのでしょうか?

ここでは、初めて派遣社員になる人が抱える不安や疑問についてお答えしましょう。

目次

派遣社員とは?~正社員と何が違う?~

両者の働き方の違いは、「雇用主」と「雇用形態」にあります。

正社員の場合は、

  • 雇用主=現在勤めている会社
  • 雇用形態=無期限雇用

になりますが、派遣社員はこのようになっています。

  • 雇用主=登録している派遣会社
  • 雇用形態=有期雇用

同じ職場で働いている人でも、具体的な事情を知ると違いがあることが分かります。

もっと分かりやすく説明すると、業務にのみ従事しているかどうかが挙げられます。

数ある仕事の中でも、様々な範囲をこなす必要が派遣社員にはありません。

そのため、限られた業務に従事し、成果を上げることが目的になるのです。

まずは、どの程度の業務まで対応できるのかどうかで、違いを覚えておきましょう。

派遣社員の種類

ところで、派遣と聞くと、働き方に固定イメージがありませんか?

有名なテレビドラマの影響も少なからずありますが、リアルは全く違います。

ここでは、派遣の種類による働き方の違いについて確認しましょう。

一般派遣

これは、私たちに最も馴染みのなる働き方になります。

定期的にそのまま職場で働き続けるのか、「更新」が行われるのがこの働き方です。

一般的に3カ月を目安として判断が行われますから、早い人は3カ月で別の職場に移ってしまいます。

この事実は、実際に働いている人にとって不安に感じるかもしれません。

確かに、この仕組みは現在の職場で継続して働けるのか、チェックされていると思われがちです。

ですが、少し見方を変えてみましょう。

次の職場で働きたいと思った時、職場側と揉めずにスムーズに変えることができるのです。

縛りなく自分の好きな環境で働きたいと思っている人には、比較的好まれているシステムになります。

このような仕組みは、他の働き方にはありません。

色々な職場を見てみたい、働いてみたいと考えている人には、お勧めの働き方と言えるでしょう。

紹介予定派遣

次に紹介するのは、正社員を目指している人の働き方です。

派遣と言っても、職場を変えつつ働きたい人ばかりではありません。

中には、お試し期間を経て、自分に合った場所で長く働きたいと考える人もいるのです。

そのような人には、正社員見込みで登録する働き方が向いています。

最大で6カ月働いて様子を見ることができますから、じっくり向き不向きを判断することができます。

さらに、マッチングが見込める職場の場合は、雇用契約自体も変わりますから、派遣のままになりません。

きちんと正規の形で雇ってもらえますから、雇用の調整も問題なくできるのです。

このようなことは、自分一人の力で行うとすると、時間や労力がかかります。

それを派遣の形から実現できるのは、とても魅力的なキャリアプランになるでしょう。

徐々に段階を得てチャンスを掴んでいる人は、少なくありません。

むしろ、狙って行動している人が多いくらいですから、働くモチベーションとして気おくれすることではないのです。

特定派遣

最後は、人材派遣会社に直接雇用されて働く方法です。

この場合は、先程紹介した2つの働き方とは違い、「正社員」として雇用されていることになります。

ですので、待遇面は正社員と同等ですから、待遇を重視したい人に向いていると言えるでしょう。

他方で、上記の働き方と違い、「出向」という形で他の職場に行くことになります。

雇用形態は違っても、働く際に求められるスキルに変わりありません。

待遇面の違いはあっても、基本的な働き方に変わりないと考えるべきです。

ここまでで具体的な種類を知ると、自分が働いているイメージが少し持てるはずです。

どのような仕組みならば、いかに働きやすいのか、これを考えるのはとても大切なことです。

皆さんの将来性にも関わりますから、どれでも良いと思わずに拘るようにして下さい。

働き方を知ると、職場での業務の取り組み方も変わってきます。

なぜ、派遣社員がお勧めなのか?~派遣社員のメリット~

ここまでを通して、派遣社員の働き方等を確認してきました。

人によっては、マイナス面が多い働き方だと感じてしまいますが、そうでもありません。

実は、メリットがあるからこそ選ばれている働き方になります。

そのメリットを、3つご紹介しましょう。

1つ目は、自分の得意分野やスキルを活かした仕事が、確実にできることです。

正社員の場合は、自分の得意な仕事だけでなく、不得意な仕事もしなければなりません。

それは、雇用形態における責任からきていることもありますが、業務の向き不向きの結果、自信を無くしてしまう人も少なくありません。

あくまでも業務自体に従事する立場になりますから、不向きな仕事を無理して行う必要はありません。

得意分野から働く場所を探すことができるのは、派遣社員の最大のメリットになるでしょう。

何より、職場での即戦力になるスキルを持っている人に対しては、付加価値が付けられ、時給が高くなる可能性があります。

専門的なスキルや資格を持っている場合は、自分の強みをより活かして働けるはずです。

所有しているスキルの関係から、今や派遣社員を重宝している職場も少なくありません。

2つ目は、人間関係に縛られないことです。

派遣先の職場で良い関係を築けることもあれば、何らかのきっかけで人間関係が悪化してしまうことがあります。

さらに、元から職場の人間関係が悪化している状況で仕事せざるを得ないこともあります。

正社員ならば、人間関係がどうであれ、我慢して働くことを強いられてしまいます。

これでは、精神的に落ち着いて仕事ができません。

しかし、派遣社員には更新期間がありますから、「人間関係が合わない」と思ったらすぐに見切りをつけることが可能です。

次の仕事が見つかるまでに時間がかかることもありますが、本人にとって劣悪な環境で働いている方が好ましくありません。

何か事情があり、現在の職場から離れたいと思った時に切り替えができるのは、精神的な救いにもなるはずです。

3つ目は、ライフスタイルに合わせた働き方を実現できることです。

ある事情からフルタイムでの働き方が厳しいと考える人は、少なくありません。

しかしながら、パートやアルバイトになると、収入的に心もとないと感じる人が多いのです。

そのような場合、派遣社員ならば勤務日数や時間を自分で選べますから、無理なく働くことができるのです。

さらに、パートやアルバイトよりも時給が高いですから、収入面の問題も容易にクリアできます。

また、残業がないことがほとんどですから、プライベートの時間を優先させたい人にも向いているのです。

従来の固定概念に捉われず、柔軟な働き方を希望している人こそ、検討すべき働き方だと言えます。

派遣社員登録までの大まかな流れ

働き方のメリットを理解した上で、次は実践編に移ります。

まずは、どうすれば派遣社員になれるのか、その手続きの流れを見ていきましょう。

STEP①まずは派遣会社に登録する

派遣社員へのスタートは、派遣会社に「登録」することから始まります。

ほとんどの場合、「登録会」に参加してから仕事を探していきますが、登録自体は登録会でなくてもできることがあります。

登録には、3つの方法があります。

  • 来社登録
  • WEB登録
  • 電話登録

とりあえず人材としての登録は、自宅からでも始められます。

そして、いずれの方法も丁度良いタイミングで仕事の求人があれば、早い段階で仕事が見つけられる可能性があります。

「まず行動してみよう!」と言われる所以は、ココにあるのです。

これらは、登録会の事前登録として必須にしていることがありますので、開催情報の指示に従いましょう。

STEP②派遣会社からお仕事を紹介される

登録が終了すると、派遣会社から皆さんに合った仕事を勧められます。

派遣会社によっては、事前に職場見学を行い、具体的な業務内容について説明を受けることができます。

職場の情報だけでなく、実際の雰囲気も感じられるでしょう。

STEP③派遣先でお仕事を開始

業務内容等から働くことを決めた場合は、派遣会社と登録者の双方の合意を得た上で、就業を開始します。

この段階で、自分に合っていない、不安があるという求人は断っても問題ありません。

働く場所が決まったら、後は就業時期を決めて働き始めましょう。

余談ですが、紹介予定派遣以外は「選考」がありません。

選考は、企業が正社員として働く人を採用する際に行われますから、基本的に派遣だと関係ないのです。

従って、業務内容や職場見学を通してマッチングできそうと思えるだけで十分ですから、一般的な就職活動の手続きは不要になると考えましょう。

初めての派遣でよくある不安や疑問

ところで、初めて派遣の働き方を選択する人は、色々な不安があるはずです。

これは、多くの人が通る疑問ですから、一緒に確認しましょう。

年齢制限はあるのか?

基本的に、派遣の働き方には年齢制限がありません。

中には、40代や50代の人も活躍していますから、年齢がハンデになることはないのです。

年齢を重ねたら働く場所がないと思うことはありません。

人によっては、所有している資格やスキルの関係で、長く働くことができています。

年齢的な不安を抱えている人でも、安心してご相談下さい!

業界未経験者でも大丈夫なのか?

正社員の中途採用になると、業界への経験が必要になります。

しかし、派遣ならば未経験でも歓迎している職場がありますので、新しい業界へチャレンジすることも可能です。

未経験の要素はマイナスに働くことはありません。

福利厚生はどうなっているのか

よく疑問に思われがちなのが、派遣として働いている時の福利厚生です。

派遣は、派遣会社に登録されている人材になりますから、派遣会社の福利厚生に準じることになります。

実際に働いている職場の待遇はありませんから、注意しましょう。

働き方によっては社会保険への加入をすることができますから、何も待遇がない訳ではありません。

さらに、6カ月以上継続勤務をしている場合は有給休暇も取得できますから、正社員と同じように働くことが可能です。

どの程度働くのかにもよりますが、まずは登録する派遣会社の待遇面の情報を確認してみて下さい。

どんな仕事を紹介してくれるのか?

派遣を対象とした仕事内容は、多岐に渡ります。

事務職だけでなく、アパレル関係の職もありますので、皆さんの興味関心に合った仕事を紹介してくれます。

また、派遣会社によっては看護師に特化したサービスを提供していることがありますので、専門性に特化した会社を選ぶ方法もあります。

前職と同じ業界に進むか、違い業界に進むかで、利用すべき派遣会社が変わってくるはずです。

どんな人が派遣に登録しているのか?

登録している人は、子育て中の主婦やブランクのある人等様々です。

独身であっても、あえて派遣という働き方を選んでいる人もいますので、登録に制限はありません。

また、自分のスキルアップを目標として働いている人もいますので、希望の業界で働くための手段としても活用できます。

派遣の登録会とは

派遣の登録会とは、派遣会社が開催する「派遣として働くための準備の場」になります。

登録と聞くと、少し身構えてしまいますが、実はそうでもありません。

そもそもどのような働き方なのかを知らない人でも、気軽に参加できる場になるのです。

自分一人で手続きするのでなく、コーディネーターが全てのサポートをしますからご安心下さい。

それでは、具体的な動きについて見てみましょう。

派遣登録前の準備

これから登録会に参加する時は、以下の準備をしておくと当日スムーズに行動できます。

  • 参加予約(事前予約が必須の会社が多い)
  • 印鑑や身分証明書、預金通帳
  • 服装の確認(基本的に私服で問題ないが、職種の雰囲気に合わせる服装が求められることも)
  • 開催場所の確認

参加予約は、自分で調べて手続きするだけではありません。

人によっては、知人が派遣として働いており、その流れで紹介してもらうこともあります。

そのような場合も、登録方法については確認しておきましょう。

また、登録会では面接を行いません。

そのため、私服で参加しても良いことになっているのですが、希望する職種によっては服装で適性をチェックされることがあります。

例えば、事務系の仕事ならばオフィスカジュアルで参加するようにすると、仕事探しへのマッチングが進めやすいでしょう。

さらに、基本のことですが、遅刻等を防ぐためにも場所や緊急時の連絡先の確認は必須です。

そして近年は、WEB上での開催も増えていますが、油断できません。

インターネット回線が良好な状態で接続されているか、落ち着いた場所で参加できるかということも関わりますから注意しましょう。

派遣登録の流れ

登録までの流れは、以下の通りです。派遣としての働き方や雇用形態の説明

①派遣としての働き方や雇用形態等の説明

②自分の経歴や職種、希望エリア等のプロフィール登録

③コーディネーターと1対1での面談を行う

④仕事紹介

面談終了後、本当に早い場合は、登録会に参加してから最短1日で決めた人もいるそうです。

早めに仕事を決めたい場合は、希望条件を明確にして相談することをお勧めします。

また、希望する職種によってはスキルチェックが行われることがあります。

これはどの程度のスキルを持ち合わせているのか、マッチングをするためも重要な確認作業ですから、不安になることはありません。

スキルの程度で仕事が見つからない訳ではありませんので、自分の力量を確認する場だと思って取り組みましょう。

派遣登録会で誤解してはいけないこと

登録会に参加したことで、勘違いしやすい内容を3つご紹介しましょう。

1つ目は、登録しただけで本採用にならないことです。

あくまでも登録会は「登録の場」ですから、仕事が見つかるかどうかは運しだいです。

特に人気の求人になるほど、競争率が高くなりますから、自分のビジョン通りにならないことも覚えておくべきです。

2つ目は、できない業務は素直に話すことです。

コーディネーターは、皆さんのスキルに合わせた、丁度良い求人を紹介してくれます。

つまり、力量以上のことを話してしまうと、求人とのミスマッチが起こり得るのです。

その結果困るのは、派遣会社でなく皆さん自身ですから、自分の能力以上の内容を話して無理をしてはいけません。

今できることを話して、それに見合った条件で探しましょう。

3つ目は、他の派遣会社にも登録している場合は事前に申告することです。

他社サービスの利用はルール違反にならず、かえって良い求人が見つかりやすくなる可能性を高められます。

しかしながら、仕事先が決まると他の求人の辞退や諸々の手続きが必要になりますので、伝えておくべきです。

これは、トラブルなくサービスを利用するためのマナーだと考えましょう。

まとめ

今回は、初めて派遣社員になる人に向けて、不安や疑問についてお答えしました。

派遣の魅力は、自分のスキルを活かして、得意な仕事ができることにあります。

もちろん、未経験でも働ける業界が多数ありますから、新しい業界にチャレンジすることも夢ではありません。

自分のライフスタイルに合わせたり、キャリアアップの足掛かりにしたりすることができますから、キャリアの可能性を広げる働き方だと考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!