≪ 1分で簡単登録 ≫イストワークスへ登録

紹介予定派遣について

紹介予定派遣とは、派遣社員が派遣先企業と直接雇用されることを前提に、一定期間(6ヶ月以内)の人材派遣を行うサービスです。

目次

紹介予定派遣の特徴

紹介予定派遣とは、正社員・契約社員といった直接雇用を前提とした契約のもと、就業先で働く雇用形態を指します

まずは派遣社員として就業先で一定期間働き、派遣契約が満了した時点で、就業先企業と本人の双方による合意の上で、直接雇用の正社員や契約社員として採用されるという仕組のサービスです

紹介予定派遣のメリット

  • 人材採用に関わるコストと時間が抑えられる
  • 長期雇用ができる
  • 直接雇用後のミスマッチを防ぎやすい
  • 事前に面接、履歴書の確認ができる
  • 採用担当者の業務負荷を抑えられる
  • 専任担当者が応募を促進

紹介予定派遣を利用するときの注意点

メリットがある以上、もちろんデメリットも発生します

紹介予定派遣サービスをする際に気を付けたい点を紹介します

紹介手数料がかかる

一般的に、紹介予定派遣であっても派遣社員として従事している期間は派遣料金以外に追加の手数料はかかりません。しかし、実際に直接雇用に合意した場合、紹介手数料が求められます。その費用は派遣会社によりますが、一般的に理論年収×手数料率です。採用コストと比較して、どちらがより抑えられるかは事前に検討する必要があるでしょう。

候補者が辞退する可能性がある

能力にも人間性にも問題なく、派遣期間を終えた時点でいざ直接雇用へ、という段階になった際に、派遣社員側がなんらかの事情で辞退をする、という可能性はあります。そうなると、また一から採用の準備を始めるということになり、それまでの数カ月が無駄になってしまうというリスクも想定されます。

派遣登録した人材に限られる

紹介予定派遣で募集をかけられるのは、当然ながら人材派遣会社に登録した人材に限られます。初めから正社員採用を希望している人材はこの採用フローからは確保できないということも念頭に置いておくとよいでしょう。

目次
閉じる